×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

システム開発エンジニアに転職する

エンジニアを取り巻く環境

その昔、エンジニアは技術系の専門職としてあまり目立たず、コンピュータに向ってこつこつと仕事をこなす姿を思い起こします。人と接することが少なく、顧客との接点はもっぱら営業の人が中心であまり表舞台には登場しない縁の下の力持ち的な存在というイメージがありました。しかし今日では、技術の世界も分野が広く、専門性が深く、速い変化を遂げています。日進月歩の変化は、仕事の内容自体も変えてきました。

 

エンジニアは、顧客の技術的な問題を解決し、設計や開発、保守、管理など通じて顧客の業務の効率化、改善を図るべく仕事に取り組むことが日常的なものです。しかも技術の高度化、専門化により、エンジニアが顧客と直接話し合うなどの機会が多くなり、提案、説明、交渉などの場面も多くなってきました。

営業同様、商談に参加し、提案説明やコンサルティングを行なうのです。このような状況ですから、自ずと、仕事量が増えて残業の連続となり、現場のエンジニアは、一部の人にとってはすっかり疲れる仕事になっているのも事実です。「残業が多い」「体調がすぐれない」「社員や家族と話す時間がない」といった悩み、あなたも経験はありませんか?エンジニアを取り巻く世界は、このように今日厳しい現実の中にあります。

エンジニアに求められるスキル1.

エンジニアと一口に言っても、色々な分野や職種があります。

開発系、運用系、サポート系、プログラマー、システムエンジニア、プロジェクトマネージャーなど、技術の高度な発達が仕事面でも様々な分野を増やしてきました。当然ながらその分野における専門知識や技術、情報は仕事をこなすうえで必要です。常に変化する状況に対応して仕事に反映することが求められます。

そして、顧客は様々な業種業態に及びます。金融系や流通系、医療機関や公的な施設など、ほぼ日本の産業のあらゆる分野に関係しています。その昔「技術力さえあれば・・・」といって仕事を得て、自分の専門性の中で仕事ができた時代は終りました。専門的な技術は当然ながら、一般の企業人に求められるビジネススキルといわれる、交渉力やプレゼンテーション力などのコミュニケーションスキルに加えて、お客さまの企業、業界などの知識も求められます。お客さまに関する情報は、就業する会社で知ることが出来ますが、それ以前にビジネスパーソンとして当然のスタンダードなスキルが求められていることをしっかりと頭においておく必要があります。

エンジニアに求められるスキル2.

たしかに「専門的な技術をもっていたら十分」それは正論です。ところがそう言ってはおられないのが今日です。一寸想像してみてください。

あなたが企業側でエンジニアを採用する側であったとします。エンジニア募集に応募してきた転職希望者が2人います。

一人目は「専門的な技術を持っているがコミュニケーションはあまり上手くない」といった人と、2人目が「専門的な技術まだ十分とはいえないまでも経験と意欲をもち、なおかつ人とのコミュニケーションがとても上手い」という人だとします。

 

あなたならどちらを採用しますか?私なら技術水準が一定レベル以上であれば、一人目よりも2人目の人に魅力を感じます。専門的な技術がまだ十分とはいっても一定水準をクリアーしているならば、あとはその人の持っている仕事への意欲であり、職場での協調性や所有スキルによって採否が決まります。前述のとおり、エンジニアに求められるのは、ただ専門的な技術のみでなく対人関係の要素である、コミュニケーションスキルや企業人として求められるビジネススキルがどれだけあるか?というところがポイントになります。

こちらDODAが転職のプロ厳選の求人を大公開!


こんな仕事環境が欲しい

高度な技術の進歩と複雑化は、エンジニアに過酷な労働環境を生み出した感があります。しかし本来、エンジニアが得てきた専門的な技術と培った経験は、それ相当に企業業績に寄与するものです。昨今の競争社会では、あらゆる組織、職場で雇用環境が厳しくなっています。もちろん社会経済環の悪化、景気の後退も影響しています。

では、エンジニアの求める理想的な仕事環境とは何でしょう?それは、「自己の専門性が活かせ、働きやすい職場環境が与えられること」ではないでしょうか。ハード面、ソフト面の両方で満たされることです。現実は厳しいとはいえ、良い仲間(職場の人間関係)、仕事内容(自分の所有技術にあった仕事内容、適正な仕事量と労働時間)、給与や福利厚生などの処遇面などです。

 

よくエンジニアの悩みとして「仕事が辛い」「残業が多い」「体調がすぐれない」「仲間や家族と接する時間がない」「仕事をやめたい」などが挙げられます。今日のエンジニアからよく聞く悩みです。皆さんはいかがでしょうか?理想的な仕事環境とは、これらの悩みを生ませない環境であるともいえます。しかし、現実的には、企業に勤めるということは、企業の一員として、企業の事情によって処遇が決まるということです。組織・部門の改廃、人事異動などです。組織に属す以上この部分は避けられないのも事実です。

プロが進める派遣エンジニア

今日、エンジニアには厳しい仕事環境がありますが、「エンジニアとして専門性を活かして理想に近い仕事がしたい」と思う人に、ぜひご紹介したいのが「派遣エンジニア」という制度です。これは人材紹介会社が行なっているものですが、簡単に言えば、派遣社員としてエンジニアの仕事を行なうことです。

 

人材紹介会社スタッフサービスの「特定派遣エンジニア」の場合、次のような特徴とメリットがあります。

@スタッフサービスの社員として働く、そのため派遣期間が終ってもスタッフサービスの社員として常時雇用されます。

A長期プロジェクトに配属、そのため専門技術を磨けます。

B個別のスキルアップを支援、あなたのライフプランを自由に設計できます。

C企業からの派遣依頼が年間2万件以上、そのため全国の有名企業などから様々なプロジェクトが集まっています。

 

さらに、スタッフサービスでは、皆さんが万全のコンディションで仕事に取り組めるように「5つのサポート体制」で応援します。それは、

@スキルカウンセラーがあなたのベストマッチングのために相談にのってくれるなどのほか、

Aコミュニケーション支援

B昇格・評価制度

C教育・研修制度

D健康・サポート制度を設けています。

 

悩む前にいますぐ、スタッフサービスの専門家に気軽に相談してみてはいかがでしょうか?きっと、次世代エンジニアとして成功するヒントを得ることができます。

こちらDODAで優良企業の求人を探そう!


システム開発エンジニアに転職するエントリー